とりあえず始めてみた

普段の友達とは話せないオタク話を書いて、俺のストレスを解消する場です。 適当な事しか書かないだろうから注意してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昔の声優さんの話とクレヨンしんちゃんの話

こんな私も一応大学生。もう夏休みも終わり大学が始まりました。たまには普通の挨拶、こんにちは佑です。

気づけば50ヒット。踏んだの俺。100を自分で踏むというお約束も狙っていくので、みんな全力で阻止しにこいや!!え?興味ない?でしょうね・・・。

さて、先週の金曜日の19時からテレ朝で「顔が見たい声優ランキング50」というのをやっていたのですが、見た方はいるでしょうか?

当然見ました。それ見て思ったこと。昔の声優さん(今も現役でやっていらっしゃる方もいますが)っていうのは「視聴者のイメージ」っていうのをすごく大切にしてるんだなぁ、と思いました。

中には顔出しOKの人もいましたが、多くの方が取材NG、顔を出した方もいるけど、最初は渋り気味という方が多くいました。

アニメが子供が見るものだった昔は「子供のイメージ」というのを大切にしていたんですかね。

もしくは、声優と言うのは声勝負だから、顔は見せない、という暗黙の了解みたいなものが昔にはあったのでしょうか。

まぁ、やっぱキャストの顔みて大体はビックリしますしね。俺も最初はそうだった。初めて、檜山さんの顔を見たときの衝撃といったらね・・・。今は全然気になんないけど。

今は声優のイベントとかもたくさんあるから、顔なんて簡単に見れる。ファンの前にバンバン顔を出して、生でアフレコやトークを見せるのも声優のサービスなら、ずっと顔を見せずに、いつまでも視聴者のイメージを大切にするのも声優さんのサービスなのかな、と思いました。

さて、話は変わりまして、もう一つの話。この間久しぶりにクレヨンしんちゃんの映画を見ました。見たのは「ブタのヒヅメ」と「オトナ帝国の逆襲」。

両方とも劇場版で見たのですが、今改めて見直したらあの時とは全然違った感想を持ちました。

両方ともすごい感動した。ってか、両方とも泣いた。当時見たときは小学生、中学生だから、感動なんてあんましなくて、むしろ斜に構えてみてたけど、今、素直にまっすぐに見てみたら、まぁ感動すんのな。

オトナ帝国は泣くだろうなと思ってたんですよ。感動作ってわかってたから。まさか、ブタのヒヅメにやられるとは。ってか、ぶりぶりざえもんにやられるとは・・・。

いや~、感動したわ。塩沢さんが亡くなられたのでもう声付きで出てくる事がないのが残念で仕方がない。ぶりぶりざえもんが消えるシーンと最後のシーンはホント泣く。

みなさんも一度見てみてください。ついでにこんなものを御紹介。



ぶりぶりざえもん・・・(泣)

もう一回見てくるので今日の更新はここまでです。では、また。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。